MENU

【レビュー】DMM英会話を月50回5ヶ月間続けてわかった効果的な使い方を紹介

f:id:shin_508:20170924003601j:plain

最近大はやりのオンライン英会話ですが、いざ始めようと思うと種類がたくさんあって一体どれがいいのか判断するのが難しいですよね。

 

私はこれまで10社以上の体験レッスンを受けてみて、そのうち4つは実際に入会してそれぞれ最低一月以上受講してきましたが、今回はその中でも最近飛ぶ鳥落とす勢いでユーザーを増やしている「DMM英会話」を紹介します。

 

私は1日2レッスンコースを受講しているので月50レッスンのペースで受けているんですが(週一回だけ別のオンライン英会話を受講している)、DMM英会話はコストとサービスの質のバランスが非常によく取れたオンライン英会話で、ユーザー数をどんどん増やしているというのも納得でした。

DMM英会話の特徴

  • 世界86ヶ国の講師が在籍
  • 24時間いつでも受講可能
  • 豊富な教材
  • わかりやすい評価システム
  • 英単語学習サービス「iKnow!」が無料で使える
  • ネイティブ講師に教えてもらえる「プラスネイティブプラン」がある
  • 講師都合の授業キャンセルが非常に少ない

世界86ヶ国の講師が在籍

DMM英会話の特徴は、何と言っても講師の国籍が多様なところです。

 

多くのオンライン英会話はフィリピン人講師しか在籍していないのに対し、DMM英会話ではアジア・ヨーロッパ・北米・オーストラリアはもちろん、アフリカ・中南米・中東出身の講師もいます。

ですので、フィリピン人ばかりでなく様々な国のアクセントに触れたり、文化を共有したりしたいという人にはもってこいのオンライン英会話です。

 

スタンダードプランの場合は非ネイティブの講師しか選べないのですが、英語ネイティブの講師も在籍しておりプラスネイティブプランに登録するとネイティブの授業も受けられるようになります。

 

ただし非ネイティブ枠の講師でも、アメリカ等に留学したことのある講師や、アメリカで生まれ育ったというほぼ英語ネイティブの講師もいたりします。

 

また、東欧にあるセルビアやボスニア・ヘルツェゴビナの講師は非常に発音がきれいな人が多いです。

24時間いつでも受講可能

講師が世界各国にいるので、24時間いつでも受講可能です。

 

時差の関係があるのでフィリピン人講師の多い時間帯やセルビア人講師の多い時間帯などはありますが、国籍を気にしなければ本当に24時間いつでもたくさんの講師から選べます。

豊富な教材

DMM英会話では非常にたくさんの教材が用意してあります。

内容も、TOEICや英検などの試験対策やビジネス関連の教材、ニュース教材など多岐にわたり、現在は全部で69種類の教材が準備されています。

わかりやすい評価システム

DMM英会話ではレッスン後に講師の評価を5段階で付けられるようになっており、講師を選択する際にも表示されますのでどの講師を選ぶべきか非常に参考になります。

 

また、評価した人の人数やその講師をお気に入りに登録した人数も表示されますので、質の良い講師を選びやすくなっています。

英単語学習サービス「iKnow!」が無料で使える

DMM英会話に登録すると、通常月1480円するiKnow!という英単語学習アプリが無料で使用可能です。

私もかれこれ半年以上お世話になっていますが、語彙増強には非常に使いやすいサービスです。

英単語学習アプリiKnow!を50時間使った効果をレビュー

ネイティブ講師に教えてもらえる「プラスネイティブプラン」がある

通常よりもお値段は上がりますが、「プラスネイティブプラン」というのを利用するとアメリカ人やイギリス人などの英語ネイティブ講師に教えてもらうことが可能です。

 

マンツーマンでネイティブに教えてもらえるオンライン英会話はあまり多くないので、ネイティブから自然な英語の表現や発音を学びたい人にはオススメです。

講師都合の授業キャンセルが非常に少ない

オンライン英会話をやっていると、たまに講師の方にドタキャンされて授業を受けられないことがあります。

気持ちの準備をして授業が始まるのを待っている時に突然ドタキャンされてしまうと、やる気を削がれてしまいますよね。

 

しかし、DMM英会話では講師都合で授業がキャンセルされることが非常に少ないです。

私はこれまで240回授業を受けたのですが、その中で講師の都合で授業がキャンセルされたのはたった一度だけ、そのときも授業の2時間にはキャンセルの連絡がきたので別の講師を予約して無事授業を受けることが出来ました。

これは、私がこれまで試したオンライン英会話の中ではダントツに優秀な成績です。

料金

2017年7月現在の料金は下記のようになっています。

【スタンダードプラン】

毎日1レッスン:5,500円

毎日2レッスン:9,200円

毎日3レッスン:12,800円

【プラスネイティブプラン】

毎日1レッスン:15,800円

毎日2レッスン:31,200円

毎日3レッスン:45,100円

(1レッスン25分)

 残念ながら2017年3月に少し値上がりがあったのですが、それでもレアジョブなど他のオンライン英会話よりも安くなっています。

 

※ちなみに、値段重視でかつ毎日複数レッスン受けたい方は、「ネイティブキャンプ」というオンライン英会話が月4950円で回数無制限という化物っぷりですので、こちらをお勧めします。

【レビュー】コスパ最強のオンライン英会話「ネイティブキャンプ」を7日間試した感想

登録方法

登録は非常に簡単で、DMM英会話のウェブサイトに行って「無料体験はこちら」というところをクリックしてDMMの会員になればDMM英会話が利用できます。

また、面倒だからDMMのアカウントを作りたくないという人は、GoogleやTwitter、Facebookアカウントで登録することも可能です

 

登録すると、25分のレッスンが2回無料で受けられます。

※12月6日(水)9:59までに登録すると、今だけ3回無料レッスンが受けられます!

オススメ教材

教材の選び方

DMM英会話は非常にたくさんの教材がありますので、正直言って何を使えばいいか選び切れないんじゃないかと思います。

 

時間があれば順番にどんな教材があるか見ていってもいいと思いますが、さすがに全部確認するのは大変ですし、どれが自分にあうか判断するのも難しいですよね。

 

そんな人は、最初の無料レッスンのときにどういうスキルを伸ばしたいか(旅行で困らないようになりたい・発音を良くしたいなど)を伝えたらオススメの教材を教えてもらえますので、まずはその教材から始めれば良いと思います。

 

また、英語で質問するのは敷居が高いという人でも、無料会員期間なら日本人コンシェルジュによるアドバイスを受けられますので、日本人コンシェルジュに相談するものありです。

※有料会員になると日本人コンシェルジュサービスが使えなくなるので、必要な人は有料会員登録する前に利用しましょう。

中級者にオススメの教材

わたしが特に英語中級者にオススメする教材は、「デイリーニュース」か、もしくは教材なしのフリートークです。

 

デイリーニュースは、アメリカのニュースサイトVOAのニュースをもとに、一回の授業でちょうどいい長さになるようカットしてあるものです。自分でちょうどいいニュース記事を探してくる手間が省けるので、非常に重宝します。

また、10段階にレベル分けされたニュースが毎日3記事以上アップされますので、毎日受講する方でも記事を使い切ってしまうことはありません。

 

英語中級者になると、自分の馴染みのあるトピックについてはそれなりに話せるようになっていると思います。しかし、馴染みのないトピックでは語彙が足りなかったり、普段使い慣れていない表現を使おうとしてうまく口から出てこなかったりして思ったように話せない場合が多いんじゃないでしょうか。

 

デイリーニュースで毎日勉強するとあまり馴染みのないトピックも必然的に選ぶことになりますので、中級者から上級者にステップアップするのには最適だと思います。

 

ただ、デイリーニュースばかりやっていると少しお固い内容になりがちなので、たまにフリートークも混ぜてざっくばらんな日常会話も練習すればバランスよく上達できると思います。

効果的な講師の選び方

初心者向けの講師

英会話初心者の方は、取り敢えず評価している生徒数とお気に入りに登録している生徒数が多い先生を選びましょう。

 

評価数やお気に入り登録数が多い講師は教え方がかなり丁寧で、かなりゆっくりわかりやすく話してくれる人が多いので、英会話初心者の方でも安心して受けることが出来ます。

 

DMM英会話の生徒の割合として初心者の人が最も多いので、評価数の多い人を選べば必然的に初心者からの評価が多い講師になるのだと思います。

 

5段階評価で平均4.7くらいあって、かつ評価数やお気に入り登録数がだいたい500件をこえている講師であれば、ほとんどハズレはないです。

中上級者向けの講師

逆に中上級者の方は、評価数が非常に多い講師を選んでしまうと必要以上に丁寧にゆっくり喋られていらいらしてしまうかもしれません。

早く喋ってもらうようリクエストしてもあまり早く喋ってくれない人もいるので、初心者に人気で評価数の多い講師ではなく、例えば少し喋るのが早くて初心者からはちょっと敬遠されがちな先生を見つけるとリスニングの練習にもなってちょうどいいです。

 

具体的には評価自体はある程度高いけど、評価している人数は多すぎない講師の中から選べばお気に入りの先生が見つかりやすいと思います。

ただ、あまりに評価数が少ない人は地雷の可能性もあるので、評価数またはお気に入り数が50~300件程度の講師がちょうど良いと思います。

評価も5段階評価で4.5くらいあれば全然問題ないと思います。

講師の国籍について

DMM英会話では86ヶ国の中から講師を選ぶことができます。その中でも、わたしのオススメは東欧の講師です。

セルビアやボスニアなど東欧出身の講師は、フィリピン人講師に比べて発音がキレイな印象がありますし、また非常に美人の講師が多く、毎日続けるモチベーションになります。

5ヶ月間続けた効果

今のところ月50回×5ヶ月間ほどDMM英会話を継続しています。

始め1~2ヶ月は特に変化は感じませんでしたが、3ヶ月くらい続けたころから効果出始めたなという感じがし始め、5ヶ月経つと結構効果が実感できるようになってきました。

 

私が特に感じている効果は次の3つです。

スラスラ言えるフレーズが増えた

私は英語を喋る時、簡単なフレーズに関しては別に文法を考えなくても口から出てくるのですが、少し複雑なことを言おうとするとだいたい頭の中で文法を組み立ててから喋りだすことが多く、英語を喋るのに結構時間がかかります。

 

しかしオンライン英会話を1日50分やることを習慣づけてからは英語のアウトプット量が増えたため、文法を考えずに喋れる文章の量が増えてきて「英語をスラスラ喋れる」という状態に少しずつですが近づいている気がします

 

これまで色々な勉強法を試してきましたが、やはり英語をスラスラ喋れるようになるには英語のアウトプット量を増やすのが一番手っ取り早いと実感しました。

語彙が増えた

私は毎日デイリーニュースを教材として使っているのですが、毎日やると必然的にあまり興味のない分野のニュースも使用することになります。

興味のない分野の勉強をすることで今まで知らなかった単語が出てきますので、語彙を増やすのに役立っています。

テストの得点大幅アップ(5ヶ月でTOEIC200点相当分アップ)

英語のスピーキング力をはかるのにはVersantというテストが便利ですので、DMM英会話やり始めたばかりのときと、5ヶ月後とで点数がどれだけ変化したか比べてみました。

VersantではTOEIC換算点も出してくれるのですが、5ヶ月でVersantが14点アップTOEIC換算でいうと200点ほどアップしました。

 

英語スピーキングテスト「VERSANT」を受けたので結果を紹介します

 

左側が始めてすぐのときで、得点は80点中50点、TOEIC換算では748-790点だそうです。

 

右側が5ヶ月DMM英会話を続けた後。得点はなんと14点も上がって64点に、TOEIC換算では949-990点になりました。

 

f:id:shin_508:20170801130018j:plain

 

5ヶ月毎日続けるとかなり効果があるというのがテストの点数からも一目瞭然ですね。

 

不満点

DMM英会話はかなり優れたオンライン英会話だと思いますが、強いて不満点をあげるとすればやはりネイティブの英語教師と比べると講師の質は少し下がることです。(スタンダードプランの場合)

 

特に英語中級者が犯す細かい文法ミスや、不自然な表現の訂正などは非ネイティブ講師だとなかなかやってくれません。

 

英語初心者の方や、中級者でもとにかく喋りまくって場数を踏みたいという方は全く問題ないのですが、自分ではなかなか気づかない細かいミスをなくしてもっと自然な表現ができるようになりたい、という方には値段は上がりますがネイティブ講師を選んだ方が良いと思います。

【レビュー】オンライン英会話のMainichi Eikaiwaでネイティブと話そう(PR)

プラスネイティブプランを試してみた感想

DMM英会話でもプラスネイティブプランを使えばネイティブ講師に教えてもらう事が可能です。

1ヶ月15,800円からと少しお高いプラスネイティブプランですが、2,000円払えばネイティブの授業を2回だけお試しで取ることができます。

 

私は通常レッスンが計100レッスン超えた際に、記念として2,000円のネイティブお試し授業を受けてみましたので簡単に紹介します。

ネイティブ講師の選び方

f:id:shin_508:20170425225138j:plain

ネイティブ講師を選ぶのは簡単で、講師検索画面で「ネイティブ講師」というのを選択してから検索すれば予約可能な講師の一覧が出てきます。

 

ネイティブ講師の数って少なくて予約しにくんじゃないかな…と思っていたのですが、結構たくさんネイティブ講師は在籍しているようです。

例えば朝11時の時点で今晩9時~11時に始まるレッスンを探してみると、予約可能な講師が71人出てきました。

 

国籍は

  • アメリカ
  • カナダ
  • イギリス
  • オーストリア
  • ニュージーランド
  • 南アフリカ

と様々ですので特に習得したい英語がある人はその国の講師を、いろんな英語に触れて耳を肥やしたい人はいろんな国の先生を選んでいけば良いと思います。

ちなみにカナダ英語はアメリカ英語によくにていて、ニュージーランド英語はオーストラリア英語によく似ています。

受けてみた感想

私はカナダに住んでいるのでカナダ人の先生を選ぼうかと思ったんですが、カナダ人の先生はそんなに多くないようで受けたい時間に先生が見つからなかったのでアメリカ人の先生を選んでみました。

 

授業はいつもやっているデイリーニュースをやったのですが、ニュースの内容に関連してネイティブの人がよく使う表現を非常にたくさん教えてもらえました

 

いつも受けているセルビア人の先生はそこまでたくさん教えてくれくことはほぼないので、ボキャブラリーが豊富なネイティブならではだと思います。

 

ただ、デイリーニュースだとどうしても型にはまった授業内容になりやすいためネイティブ講師の恩恵があまり受けにくいんじゃないかという感じがしました。

特に私はネイティブの早口英語を聞き取る練習もしたかったんですが、デイリーニュースだとそんな早口では喋ってもらえませんでした。

 

フリートークでガンガン自由に喋ったほうが早口英語を引き出せてよかったのかもしれません。

こんな人におすすめ

とりえあずちょっとお金がかかってもいいからネイティブの自然な英語が学びたい、という人にはオススメです。

 

ただし、別にネイティブだからといって教えるのがうまいとは限らないので、通常のプラン同様いろいろな先生を試してみて自分にあう先生を見つけるのが重要です。

 

あとは、小さいお子さんの英語学習にDMMを使われている方もネイティブプランをお勧めします

大人に比べて子供のほうが発音を習得するのが早いので、例えばフィリピン人の先生からずっと習っているとフィリピン訛の発音を習得してしまう可能性があります。

まあ通じればいいっちゃいいんですがせっかくならネイティブのような発音を習得するにこしたことはないので、お金に余裕があるならネイティブプランにしたほうが良いです。

体験レッスンを受ける際の注意点

体験レッスンを受けた後1週間以内にプランをプラスネイティブプランに変更すると、体験レッスン料の2000円をキャッシュバックしてもらえます。

 

ただし、現在のプランが切れる前にプラン変更すると残っていた日数分は消失してしまします。

例)現在のプランが5月15日までで、5月5日にネイティブプランに変更すると5月6~15日の通常プランは消滅してしまう。その分のお金も返ってこない。

 

ですので、もしかしたらプラスネイティブプランに変更するかもしれないという人は、現在のプランが終わるまで1週間を切ったらネイティブ体験レッスンを受けてみて、気に入れば現在のプランの最終日にプラン変更するのが一番レッスン代を無駄にせずに住みます。

まとめ

以上、DMM英会話について紹介しました。

値段も安く、講師の質も高めで非常にバランスの取れたオンライン英会話ですので、どんな人にもオススメできます。

とりあえず2回まで無料レッスンが受けられますので、是非試しに受けてみてください。

※12月6日(水)9:59までに登録すると、今だけ3回無料レッスンが受けられます!

 

TOEIC920の私がオススメする英語学習にピッタリの海外ドラマ


スマホアプリを使ったオススメの英語学習法


【北米大学院留学】カナダに2年間留学してかかった費用を大公開!


理系大学院留学までの具体的なスケジュールを紹介します


たった1年間毎日2時間勉強するだけで、TOEFLを4点下げた勉強法

プライバシーポリシー