MENU

「はあ」という相槌使ってる人はすぐやめないとバカだと思われてますよ

皆さんもしかして「はあ」っていう相槌を使っていませんか?

「はあ?↑」ていうちょっと攻撃的な聞き返し方のほうじゃなく、「はあ↓」って感じの間の抜けた相槌の方です。

 

私は一時期この「はあ」っていう相槌が癖になっていたんですが、どうもこの「はあ」という相槌はデメリットしかないというのがわかってきたのでもし使っている人がいればすぐ使うのを止めることを強くお勧めします。

「はあ」のデメリット

こいつ何もわかってないんじゃないかと思われる

とりあえず「はあ」という相槌を連発していると、こいつ何もわかっていないんじゃないかと思われること間違いなしです。

 

私は会社で働いていた時に突然内線で会社のやたら偉い人から電話がかかってきたことがありました。偉い人からの電話だったのでなるべく丁寧に話しているつもりだったんですが、どうやらいつもの癖で「はあ」と相槌をうっていたらしく、影でこいつちゃんと話し聞いてるのか?と思われていました。

 

しかも癖というのは怖いもので、自分ではちゃんと返事してるつもりだったのでまさかそんな風に思われているとはつゆ知らず、後日別の人から「頼りなさそうな返事するけどいつもちゃんと話は理解してるって(偉い人に)フォローしといたよ」みたいなこと言われて始めて気づくというていたらく。

 

別にそのときは具体的な悪影響はなかったですが、とりあえず馬鹿と思われて得することはあんまりないので「はあ」は使わないほうが良いです。

なんか感染力がある

また、なんでか知りませんが「はあ」という相槌はやたら感染力が強いです。

 

私が「はあ」を使い始めたのは、大学の研究室の教授が「はあ」をやたら使ってくる人でそれがうつったからなんですが、研究室の人はほぼ皆感染していてみんなではあはあ言いまくっていました。

 

まわりにうつしてみんなが「はあ」を使い始めると、実は普通の相槌なんじゃないかと錯覚しがちですが、全然そんなことありません。

赤信号は皆で渡っても赤信号です。

 

むしろグループ外の人からみたらこいつら一体何なんだとなること間違いなしなので、人にうつさない内に使うのをやめましょう。

言葉の使い方が下手になる

「はあ」という言葉は結構いろんな場面で使えて、例えば「なるほどそうなんですね」の代わりに「はあ」ということもできるし、「(いやそれは違うだろでもなんかめんどくさいしいいか)はあ」みたいな場面でも使えます。

 

しかし、どんな場面でも同じ言葉でやり過ごす用になってしまうと、その場に適した言葉を瞬時に選ぶ力というのがどんどん失われていってしまいます。

 

言葉は使ってなんぼなので、「はあ」なんて相槌に頼らずもっとその場その場で適した言葉を使っていって語彙を増やしましょう。

まとめ

というわけで、「はあ」という相槌は百害あって一利なしなので、使っている人はすぐさまやめるようにしましょう。

 

唯一使えるときは相手をイラッとさせたいときとかでしょうか。

でも癖になるとまずいので、いくらイラッとさせたい相手であってもあまりオススメはしません。

 

プライバシーポリシー