MENU

塾にも行かず京大に入った私の勉強法

f:id:shin_508:20170506115619j:plain

私はこれまで

公立小→公立中→公立高→京大

とあまりお金がかからない学歴を辿ってきました。

 

京大卒だと人に言うと

「いったいどんだけ勉強したら京大なんか入れるん?」

みたいなことを聞かれることがあるんですが、私は別に塾に通ってがつがつ勉強したわけでもなく高3のときに毎日10時間以上勉強したわけでもありません

 

かと言って全く勉強しなかったわけでもなく、コツコツちょっとずつ勉強を続けたら少しずつ学力が上がって最終的には京大に合格できました。

 

そこで今回は、私が京大合格までに行った勉強法を超ざっくり紹介したいと思います。

親がどういう教育方針だったかも紹介するので、子供を難関大学に入れたい人は参考にしてみてください!

小学

小学校は普通に地元の公立小学校にかよっていました。

低・中学年

低学年の頃は勉強していた記憶はありませんが、習い事はなぜか大量にしていました。(プール・習字・そろばん)

残念ならがどれも身についていないので、意味はなかったです。

高学年

小5で転校したのをきっかけに習い事は全部止めて、そのかわりに進研ゼミを開始しました。

家に帰ってから晩ご飯までは友だちとゲームをすることが多かったので、晩ご飯を食べ終わってから毎日30分くらい進研ゼミで勉強していた覚えがあります。

進研ゼミ 小学講座

親の教育方針(小学)

習い事はたくさん行きましたが、親から「勉強しなさい」と言われた記憶はありません

ただし、テレビゲームをやり過ぎたので、家でテレビゲームができる時間に制限をかけられました。(たしか一日1時間まで)

 

テストで100点を取るとテレビゲームの制限時間が伸びたり、お小遣いを貰えたりしたのでそれをモチベーションにちょっとずつ勉強していた気がします。

中学

中学も地元の公立中学でした。

平日はだいたい夕方6時くらいまで部活をやって、晩ご飯後は進研ゼミを1時間ほど勉強する、

休日は友達の家に行ってゲーム(ドカポン!怒りの鉄剣にはまってました)、晩ご飯後はは進研ゼミといった生活でした。

 

定期試験前は3週間前くらいから試験勉強を開始して、毎日1時間くらい追加で試験勉強していたはずです。

 

進研ゼミ 中学講座

親の教育方針(中学)

だいたい小学校の頃と同じで勉強しろとは言われませんでした。

一時期友だちにそそのかされて麻雀にはまっていたんですが、家で麻雀をやっていると親に見つかって怒られた覚えがあります。そのまま麻雀は禁止されてしまいましたが、今考えるとなぜ麻雀がNGだったのかはよくわかりませんね。

 

テレビゲームは特に時間制限はなかったですが、晩ご飯後は基本禁止だったと思います。(理由はみんなテレビ見るからだったかも)

 

あと、中学に入るとテストで貰える金額が増えて、

90点台:500円

100点:1000円

くらいもらっていました。

高校

高校は地元の公立高校に入りました。

学年320人でだいたい毎年10人くらい京大、0~1人くらい東大に行くような高校でした。

高校1-2年

平日の昼間と土日は基本部活をしていたので勉強は中学の頃と同じく夜だけです。

高校に入ってから進研ゼミはやめてZ会をはじめました

普段はだいたい毎晩学校の宿題(あれば)+1時間くらいZ会をやって、定期試験3週間前になったらテスト勉強を開始しました。

 

定期試験は基本

  • 教科書を読む
  • ノートを見返す
  • 学校で与えられた問題集を数回解く

という3本立てで対応していました。

 

もれなくZ会の学習内容がわかる「教材見本」無料プレゼント中!

高校3年

高3も夏までは部活をやっていたので高2までと同じような生活で、高3の夏休み後から受験生っぽい生活をはじめました。

ただ、あまり一日に長時間勉強するのは性に合わなかったので、平日は3~4時間くらい、休日でもだいたい6~7時間くらいの勉強量でした。

8時間以上勉強しようとしても集中力が持たなかったので、これくらいの時間が一番効率的だったと思います。

 

使ったのは

  • Z会の京大コース
  • 京大のカコモン
  • 単語帳

がメインでした。

 

東大1086人、京大817人の圧倒的合格実績。難関大攻略ならZ会

親の教育方針(高校)

高校でも親から勉強しなさいと言われたことはありません。

テストで良い点取った時に貰える金額はさらに増え、

80点台:500円

90点台:1000円

100点:10000円

くらいでした。

100点はまず取れないだろうという予想でかなり高額に設定されていましたが、これが結構モチベーションになってテスト勉強を頑張りました。

塾に行かなかった理由

わたしは中学受験のときも高校受験のときも塾には行かなかったのですが、なぜ行かなかったかというと単純に

放課後に時間を拘束されるのが嫌だったから

です。

勉強は晩ご飯食べてからゆっくり家でしたかったので、塾ではなく進研ゼミやZ会を選びました。

まとめ

こうしてみると、結構お小遣いににつられてコツコツ勉強していたようです。

お小遣いには限らないですが、テストの点数に対して何かご褒美をあげるのはモチベーションアップに繋がるのでオススメです。

 

子供をお金目的で勉強させるのは気が引けるという人もいるかもしれませんが、まず大切なのはコツコツ勉強する癖をつけることなので、正直目的なんてなんでも良いと思います。お金で釣れるならガンガンお金を利用すれば良いんじゃないでしょうか。

勉強するクセをつけれれば一生役に立ちますよ。

 

勉強クセをつけるのは塾にいかせるよりZ会とかの通信教育のほうが自発的に勉強するようになるのでオススメです。

プライバシーポリシー